生活習慣病の簡単予防 > メールマガジン・バックナンバー > 知らなきゃ損する健康情報 NO9
Powered by

知らなきゃ損する健康情報 NO9

 
 知らなきゃ損する健康情報
                 H18.3月26発行 NO.9
◆◆◆〔 今回の目次 〕◆◆◆

 【1】はじめに       ≪無料レポート報告≫
 【2】大豆イソフラボン   ≪摂り過ぎに注意≫
 【3】市民公開講座     ≪サプリメントを考えよう≫
 【4】記憶力        ≪93歳のおばあさん恐るべし≫
 【5】編集後記      


------------------------------------------
【1】はじめに ≪無料レポート報告≫
3月17日に
【あなたの薬代を安くする法】の無料レポート
を出しました。

このレポートを無料レポートランキングに登録しました。
{美容・健康}カデゴリでの3日間は新着無料レポートとして紹介されます。
登録を確認後、皆様に【あなたの薬代を安くする法】のレポートを発行したことを
ご紹介させていただきました。

ところが{美容・健康}カデゴリにおいて人気無料レポートの
大量のダウンロードがあったようでサーバーがダウンしてしまいました。

ご案内したURLで【あなたの薬代を安くする法】のが表示できなくなり
ひやひやいたしました。現在は正常になっております。

お陰さまで多くの方にダウンロードしていただきました。
ありがとうございます。内容に関してわかりにくいところがございましたら
お気軽にお尋ねください。


--------------------------------------
【2】大豆イソフラボン ≪摂り過ぎに注意≫
-------------------------------------
大豆イソフラボンは、弱いながら女性ホルモン様作用があり、
更年期障害や骨を強くする効果があり人気のあるサプリメントです。

通常の食生活でも、大豆製品はおなじみですよね。
普通の人の大豆イソフラボンの摂取量は70mg以下であって健康被害
が出でいないことから、安全な摂取量の上限を1日70〜75mgとしました。

普通の食生活をしていてサプリメントなどで大豆イソフラボンをとる
場合は、1日30mgが上限で取れる数値としました。               

大豆イソフラボンのサプリメントを摂る場合は、1日30mg以下にしましょう
ということです。

特に、妊婦さんや乳幼児には通常の食事以外からの大豆イソフラボンの
摂取は勧めないとしています。

これは(食品安全委調査会)の報告ですが、日本健康・栄養食品協会は
食品安全委調査会が根拠としたデーターへの疑問があるとして意見書を
出しています。


健康増進中高年Shopの大豆製品ページ
http://genki.daa.jp/ken1/daizu.htm


--------------------------------------
【3】市民公開講座 ≪サプリメントをかんがえよう≫
-------------------------------------
今日3/25日にこの公開講座に出席してきました。

医師・薬剤師・スポーツリーダー・栄養士・東洋医学の医師・
など発表・提言がありました。

(医師)
患者さんからサプリメントの相談を受けることが多くなって
きたのでここらで専門家が集まって整理をしなければならない。

ある医師は1ヶ月1万円以上かかるサプリメントは勧めないと言って
いました。

(薬剤師)
薬との相互作用など注意が必要である。メディアの影響が大である。
信頼できるメーカー選びが重要である。信頼できるお店の信頼できる
販売員から買う。

   
(スポーツリーダー)
高校生で朝食を摂らない・運動部などで朝練後
カロリーメイトやバランスバー・ゼリー飲料で
朝食代わりとしている。夜は部活の後、塾などに行く
ためにコンビニなどで食品を買い・帰宅してから
夜遅く食事を食べる。夜型の生活になるので睡眠時間
も少なく朝食事が摂れないという悪循環になり食生活が心配である。
        
(栄養士)
栄養士会の中でもサプリメントの推進派と拒絶派がある。
学校栄養士は直接生徒の食生活指導ができるようになった。
(スポーツリーダーが心配していることの助けになるのではないかと期待されて
います)

発表者の栄養士さんの高齢者保険施設などでは高齢者に食事の補助として
サプリメントを使っています。高齢者は食事の摂取量の低下・咀嚼嚥下の低下・
 運動量の低下・消化吸収力機能の低下などで栄養素が充分摂れない状況
  があるので、サプリメントを使用している。

カルシュウム・鉄・マルチビタミン・プロテインなど味噌汁に入れる。
飲料タイプとしては、ビタミン・アルギニン・CoQ10など
ゲル状タイプ・濃厚流動剤(高エネルギー・高蛋白・ビタミン・ミネラルなど)
  
(東洋医学の医師)
食生活が基本である。サプリメントだけに頼るのはいけない。
健康な人には必要ない。
症状に合わせて摂るべき。売り込みに踊らされるべきでない。

サプリメントをとるのはすぐ効くものではないのでゆとりを持ってで1〜2種類を。
 
 サプリメントの詳しい情報は↓↓ 
 
 http://sokka.soyo55.com/blog/archives/72sapriment/index.html 
 
--------------------------------------
【4】記憶力   ≪93歳のおばあさん恐るべし≫
-------------------------------------
薬局にいつもくる患者さんで優しいおばあさんがいます。

とても温厚でいつもおしゃべりをして楽しんで行きます。
というのは、孫と2人で暮らしていますが、すれ違い生活なので
ほとんど一人暮らし状態なのです。誰かとおしゃべりがしたいのです。

ある日血相を変えて電話がありました。
近くにすむお嫁さんと言い合いになったらしいのです。

薬局に前回来たときが午後が午前かで問題になっているのです。
おばあさんが言っている時間をお嫁さんは違うといってボケ扱いにしている
というのです。

私達も前回何時に来たかまでは覚えていません。かといってうかつなこと
を言ってケンカに巻き込まれても困ります。

レシートに時間が刻印されているのを確認してもらうことにしました。

しばらくしておばあさんから弾んだ声で電話がありました。
「私の言った時間に間違いありませんでした」大満足の様子でした。

93歳のおばあさんの記憶力恐るべし。

私の周りにいる90歳以上の方は皆さんとてもしっかりしています。

--------------------------------------
【5】編集後記      
-------------------------------------
最後までお読み頂きありがとうございます。
桜の花が咲いてきました。明日桜祭りに行きます。

バックナンバーは生活習慣病の簡単予防にあります。
********************************************

■発行者名: genkidayon
■発行者元: 生活習慣病の簡単予防 http://sokka.soyo55.com/blog/
■姉妹サイト・ブログ: 健康増進中高年Shop http://genki.daa.jp/
: genkidayon の気になる健康情報
http://genkidayon.jugem.cc/
■当メルマガにより生ずる損害トラブルについては責任は負えません
■ご意見・ご感想:genkidayon@aol.com 
■登録・解除はこちらからhttp://www.mag2.com/m/0000175886.html


スポンサーリンク 
 
 
SPONSER
:携帯からも見れます
QRコード
This website is powered by Movable Type 3.17-ja Br@ve.